SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

石垣島レモン

「石垣島レモン」のオーチャードの森
<< 与論マラソン | main | おそば屋さんを始めます >>
春の接木
0
    春、3月、4月が石垣島でもっとも過ごしやすい季節です。
    ガーデニングもあまり汗をかかず、作業がはかどります。
    肥料を入れたり、雑草を取ったり、様々な農作業があります。

    その中でも、はまっているのが、接木です。
    接木の技術も、切れる刃物を購入し、一段と確率が良くなりました。

    接木


    こちらは、細いピタンガの接木。直径は1cmくらいでしょうか!!
    この細い幹に切接ぎをするのですから、技術的には、かなり難しい部類に入ります。
    接木をして、穂木から芽が出てくる時は感動します。


    接木

    こちらは、ホワイトサポテの接木。
    花粉のない「スマザーズ」というイエローサポテは、接木して2週間もすれば、芽が出てきますが、受粉木の「モルツビー」のほうは、なかなか芽が出てこないので、心配になります。

    芽が出てからは、葉がしっかりするまで日陰で、乾燥気味に育てます。
    あまり早く、地植えすると、せっかく出た芽が枯れてしまいます。あせってはだめです。

    形成層がしっかりと合えば、強い幹となって、接木テープはいらなくなりますが、秋くらいまでは、そのままにしておいたほうが無難です。
    一方、パラフィルムの方は、そのままにしておいても大丈夫ですが、パラフィルムそのものが、発育を阻害しているような場合には、慎重に取り除きます。芽が小さいうちに取り除くと、芽もだめにしますから、ある程度芽が成長してからです。


    接木

    これは、アボカドの接木。
    昨年接木に失敗した苗に再度挑戦しました。1度失敗してもやり直せますが、何回も失敗すると台木に力がなくなりますので、台木を休ませ地力を図る必要があります。
    葉がしっかりしてきましたので、もうすぐ地植えです。

    接木

    こちらは、マンゴーの接木、原種のマンゴーを接木した苗です。もうすぐ芽が出ます。

    種を播き、台木を作り、穂木をもらい、苗を作ります。お金はかかりませんが、手間と時間は相当なものです。楽しい果樹栽培です。

    (参考)接木とは
    接木(つぎき)とは、上部の植物を穂木、下部の植物を台木と呼び、切断面で接着して、1つの個体とします。熱帯果樹の育種年限の短縮化や繁殖方法として、もっとも有力な方法です。
    芽を持った枝を穂木にして接ぐ接木ですが、穂木と接触する台木の面の切り方で3方法に分けられます。
    切接ぎは、台木上端から側面を切り下げてできた形成層断面の間に穂木を挿入する接ぎ方。
    腹接ぎは、台木途中から側面を切り下げてできた形成層断面の間に穂木を挿入する接ぎ方。
    割接ぎは、台木上端から中央を切り下げてできた形成層断面の間に穂木を挿入する接ぎ方。

    | ガーデン | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。