SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

石垣島レモン

「石垣島レモン」のオーチャードの森
<< ハイビスカスティー ローゼルの種プレゼント | main | 師匠の誕生日 >>
越前おろし蕎麦の会 in 石垣島
0
    先週、突然、東京にいる友人から、石垣島のチケットが安く手に入ったから、石垣島に行くぞと連絡がありました。
    ついては、石垣島で、「越前おろし蕎麦の会 in 石垣島」をやろうと提案してきたのです。東京にいるとき、仲間十数名で、青山にある福井県のアンテナショップの”そば道場”に行き、一応、蕎麦打ち修業証書は手にしています。

    石垣島は、「八重山そば」の文化で、そばと名前はついていますが小麦粉で作るものでうどんに近いイメージです。(もちろん、うどんとは違いますよ)したがって、「日本そば」は、それほどニーズが無いよと言いましたが、言い出したら聞かない友人です。押し切られるように「越前おろし蕎麦の会 in 石垣島」の企画がスタートしました。

    実は、石垣島に移住する前、腕に技を身に付けたいと思い、”陶芸教室””パン教室””キャンドル製作””そば道場”に通いました。
    この内、”陶芸教室”は、瞬時に才能が無いことがわかり断念。パンは、設備がいるのと、どうせやるなら”石窯”でと思って石垣島に来ましたら、とても暑く、それどころではないことがわかり、断念。キャンドルは、雪の降らない石垣島ではニーズが無く、開店休業状態。
    唯一残った”そば道場”は、時折、そばを打ち、友人に振舞うなどして交友の一翼を担ってきました。
    初めて”そば”を食べる石垣島の友人は、一様に「えーえ、これが蕎麦か!!」という表情をします。八重山では、それほど”蕎麦”は、なじみの無い食文化なのです。


    今回、東京から来島するのは、越前そば愛好会「蕎遊房(きょうゆうぼう)」の面々3名。しかもウイークデイの2月25日(水)に来て、27日には帰るというあわただしさです。
    25日夜と26日の昼と夜が”そばイベント”の日程です。

    越前おろし蕎麦の会 in 石垣島
    先輩3名の厳しい視線を受け、私の蕎麦の腕がチェックされます。


    東京からわざわざ3名も来るのに、お客さんが少なくてはと、友人・知人に連絡を急遽取り、何とか45名を確保しました。
    ご協力いただきました皆さんありがとうございました。

    それと並行して、偶然、八重山新聞社にその企画を話したら、大いに興味を持たれ、とんとん拍子に話が進み26日に以下の文章が紙面を飾ることになります。

    越前おろし蕎麦の会 in 石垣島

    25日の夜は、20名のお客さんが来られ、ゆっくりと”おろしそば”をご堪能いただき、中には、二八そばと十割そばを両方ご注文していただいた方や、持ち帰りをしていただいた方もいらっしゃったのですが・・・。

    26日、新聞に記事が載ってからは、午前中から電話が鳴りっぱなしで、11時半の開店が11時には駐車場が車であふれかえり、あっという間に満員になりました。厨房では、どんどん蕎麦を茹でる傍ら、蕎麦打ちを必死で行います。1回に打てる量は、12〜13名分が精一杯。瞬く間に完売となりました。
    1時間以上もお待ちいただいた方、完売のためお断りをした方、本当に申し訳ありませんでした。
    八重山には、”蕎麦”の食文化は無いと思い込んでいた大いなる誤算です。
    「済みませんでした」


    ティーダとトゥモールでは、今まで色んなフェアやイベントを開催しましたが、集客が難しく、常に静かなフェアになっていましたが、やはり新聞の威力はすさまじく、駐車場に車が入りきれなく時ならぬ交通状態に陥りました。猛反省です。

    蕎麦打ちの見学もすさまじく、押すな押すなの大盛況でした。
    お客さんを待たせるのが心苦しく、一生懸命蕎麦打ちに集中していたため、見学者の方にも十分なフォローも出来ませんでした。


    猛反省のイベントでしたが、運よく食べていただいた方からは、「美味しかった」のお言葉をいただき、胸の熱くなる思いです。
    ”おにぎり”の差し入れを持ってきていただいた方や、急遽、包丁を持って厨房に立っていただいた方、もちろん、東京から来た越前そば愛好会「蕎遊房」の友人にも大感謝です。
    皆さんの善意が身にしみたイベントです。

    越前おろし蕎麦の会 in 石垣島

    「お蕎麦が大好きなんだけど、身体が不自由で、急には行けない」とお電話で訴えられた方、大した腕ではありませんが必要とされているならば、なんとかしなくっちゃという思いが強く胸を打ったイベントでした。
    | 越前おろしそば | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。