SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

石垣島レモン

「石垣島レモン」のオーチャードの森
<< 刃物 | main | センリョウの森・・・おとぎの森・・・ >>
ハイビスカス(ローゼル)の収穫
0
    ハイビスカス(ローゼル)の収穫が盛んです。
    ローゼルの大振りの花(ガク)が次から次へと成ります。
    ローゼルは、花が硬化して大きなガクとなり、中に大きな種を含んだ実が形成され、ハイビスカスティーには、このガクを乾燥したものを用います。
    一本の木から何個のガクが取れるのでしょうか?おそらく100は下らないと思います。

    ローゼル

    かなり硬い茎を剪定バサミで切って、収穫です。

    特に香りはしませんが、深紅の赤です。

    赤は、自然界でよく目にします。
    実が成ると、いろんな赤に出会います。
    その中でもローゼルの赤は、独特で、とても情熱的な赤ですよね。

    ローゼル

    収穫したローゼルは、ヘタの部分から切り離しガクを乾燥させます。
    大きな種は、特に使用方法がありません。(翌年の苗には、さらに完熟させたものを使います)
    種が何か利用できないかといろいろと試行錯誤した先人もいましたが、効果的な活用方法が見つからなかったそうです。

    生のローゼルは、熱湯を注いでも香りも色もわずかしか抽出できませんが、ブレンドティーに入れると(当店のオリジナル”ちゅらの花”)、鮮やかな深紅の花を目で楽しむことができます。

    うーん!!優雅なひと時です。

    ただいま、ネットで”ちゅらの花”ご注文の方に生(フレッシュ)のローゼルをプレゼントしています。
    | ハーブ | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。