SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

石垣島レモン

「石垣島レモン」のオーチャードの森
<< 島の風 | main | シマグワとヤマヒハツ >>
ホワイトサポテの苗作り
0
    ホワイトサポテの苗作りを行っています。
    涼しい秋晴れで、作業がはかどります。と言っても最高気温は、30度。風が涼しく、身体がよく動きます。

    ホワイトサポテ

    8月上旬に播いた種は、2ケ月半後、大きいものは20cmにもなり、今日、ポットに移しました。
    ポットの土は、沖縄独特の国頭マージ(強酸性)に腐葉土をたっぷりと混ぜて中和します。

    ホワイトサポテ

    苗は買うのではなく、土も含め、自ら作るのですから、愛情たっぷりです。

    苗床から取り出した苗です。
    かわいいですね!!

    ホワイトサポテ

    大きな種がまだくっついていて、小さな根を張っています。
    発芽率は30%くらい、かなり低いです。

    ホワイトサポテ

    ホワイトサポテとは、ミカン科の果実で、とても甘い果物です。硬い果実を収穫してから室温で追熟させ、柔らかくなったら食べごろです。
    日本を含めて世界でも、ほとんど経済栽培はされていません。まったく知られていない果実と言ってもいいでしょう。
    その原因は、日持ちの悪さにあります。
    果実は追熟が済むとすぐに醗酵してしまいます。

    しかし、原産地のメキシコで「眠気を催す美味しい果実」と呼ばれ、そのクリーミーな味は、虜になります。それにしてもなぜ、眠くなるのでしょう!

    この苗木を台木として、来年の春過ぎ、接木します。
    ホワイトサポテには、3つの花器のタイプがあるので、違う種類のホワイトサポテを植える必要があります。
    | 果樹 | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。