SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

石垣島レモン

「石垣島レモン」のオーチャードの森
<< シーサー | main | アボカドの接木 >>
西表ヤマネコマラソン2008
0
    あの感動から1年、今年も待ちに待ったヤマネコマラソンの日がやってきました。
    風も強く、雨も激しく、正真正銘の暴風雨。気が重くなります。
    船会社に電話したら、スタート/ゴールの西表上原行きの高速船は欠航、西表の大原まで船で行きバスで上原に向かうことになります。

    石垣島から西表島に行くには、西表西部の上原と東部の大原行きの二通りの行き方があります。大原は、石西礁瑚と呼ばれる日本最大のラグーンを行くため、台風のとき以外ではめったに欠航しませんが、上原は外洋を航行するため海が荒れるとすぐ欠航となります。

    昨年は、大揺れの中を上原に着いたのですが、後続の船は欠航となり、スタートとを1時間ずらしての大会となりました。今年は、あらかじめスタートを40分繰り下げ、昨年の反省が功を奏しました。
    ヤマネコマラソン

    大原行きの船もかなり揺れます。バスの接続もよく、会場に着いても暴風は収まりません。体育館の中は、人で溢れかえり、皆、呆然自失の呈。この天候なら、出来れば走りたくはありません。

    西表ヤマネコマラソンは、23km、10km、3kmの3種目があります。通常マラソンは、フルマラソンかハーフに距離を設定しますが、ヤマネコマラソンは、まったく既成概念にこだわらず、西表島の大自然をダイナミックに走るコースとし、極めて中途半端な23kmの距離に胸を張ります。
    ヤマネコマラソン

    スタート30分前、いやいや準備運動に取り掛かります。”本当に寒いです”しかし、ここまで来るとあきらめるしかありません。

    12時40分、スタート。風が背中から押します。”と言うことは帰りは逆風”不安がよぎります。
    石垣マラソンでへばったので、とにかくゆっくり。暴風の中を走ります。いつもはきれいな折り返しの白浜も墨絵のようで、すてきな感動的な風景です。
    帰りは少し、ピッチを上げて、かなりのランナーを追い越して走ります。予想していた通り、まったくの逆風。防風林があるところはいいのですが、吹きさらしでは、体が前に進みません。
    特に橋の上は、強風で体が飛ばされそうです。ボランティアの人がそんな強風の橋の上でもサポートしてくれます。
    部落ごとには多くの人が太鼓をたたいて応援してくれます。胸が熱くなります。”ありがとう”と、口を開けると雨が飛び込んできます。風雨はさらに激しくなったように気がします。
    ヤマネコマラソン

    スタートから2時間25分。やっと、ゴール。タイムは、石垣マラソンのテイタラクと今日の気象状況を考えると納得のタイムです。
    完走率は、98%と極めて高いです。皆、根性があります。

    完走後は、ふれあいパーティーへ。これが楽しくて、感動して、走るのが止められません。
    18時開演ですが、17時くらいに会場に行かないと、入れなくなります。狭い体育館に、人が溢れかえります。ふれあいパーティーの人気は高く、それだけに参加する人も多いようです。八重山そば、おでんなどをビールで流し込みながら、開演を待ちます。
    30分押しで、緞帳が上がり、いきなり老若男女が勢ぞろい、デンサー節で幕をあげます。洗練はされていませんが、ランナーを暖かく迎える気持ちがいっぱいに伝わってきて、胸がジーン、ジーンとします。
    外は寒いけど、中は暖房もしていないのに、感動で暖かくなります。
    ヤマネコマラソン

    続いて、サバニの登場です。
    マグロ、セーイカ、北海斜里町から差し入れのタコなど、刺身の盛り合わせです。お腹いっぱい食べて、飲んで、バンド演奏、民謡ショーと続き、お楽しみ抽選会。
    ヤマネコマラソン
    さらにフラダンス、ヤマネコ太鼓(エイサー)、最後はカチャーシ(カチャーシーとは琉球方言で「かき回す」という意味で、頭上で手を左右に振る踊りのこと)。
    もう座っている人はいません。音楽に酔いしれ、人間っていいなと思える一時です。
    21時30分、終了予定からすでに1時間30分も延伸して、やっとパーティーは、大団円を迎えます。
    ヤマネコマラソン

    来年も、再来年も、23kmが走れなくなったら10km。10kmが走れなくなったら3km。
    死ぬまで走り続けたいヤマネコマラソンです。

    | イベント | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。