SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

石垣島レモン

「石垣島レモン」のオーチャードの森
<< 距離感 | main | あけましておめでとうございます >>
とり木
0
    トロピカルガーデンでは、苗木作りで忙しい年末です。
    果樹の師匠は、お友達から紹介された石垣島の北部に住むIさんです。Iさんは87歳、とても元気です。初めて会った日に、ジャングル農園を案内していただきました。歩くのがすごく早く、ついて行くのがやっとです。こんなに元気な87歳のおじいさんだと最高ですよね。

    ジャングルの中に様々な果樹を植えているのでジャングル農園です。Iさんは、サイパン生まれ、サイパンからテニアン、満州で終戦を迎え、シベリア抑留と波乱万丈の人生です。話を聞いていると、あっという間に2〜3時間過ぎてしまいます。
    石垣島に住んでからは果樹一筋。果樹の生き字引です。ジャングル農園は、農薬も除草剤も使わない様々な果樹、まさに宝の山です。
    そんな植物の中でも、今回は、害虫に強く農薬を使わなくて済むレモン、マイヤーレモンのとり木を教えていただきました。

    レモン
    とても年季の入った手です。
    年月の星霜が手のしわに刻まれています。
    このように年をとりたいものです。

    当初要領が悪く、遅々としていましたが、やっているうちにだんだんと要領が分かってきます。Iさんのとり木の方法は、どんな本に載っていない独特のものです。詳細は公開できません。ご容赦下さい。

    ジャングル農園のマイヤーレモンは、ハワイから種を送ってもらい育てたそうです。海のミネラルと太陽の光で育まれたレモンは、皮も薄く、とてもジューシーです。

    今後、バンシロウ(ガバァ)のとり木を行います。生食用の島ガバァは、とても美味しい健康果樹です。石垣島の名も知られていないマイナーな果樹は、本当に美味しいものが多く、来年は、熱帯果樹の本格栽培をスタートさせます。
    | ガーデン | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。