SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

石垣島レモン

「石垣島レモン」のオーチャードの森
<< シークワーサーの開花 | main | ホワイトサポテの剪定 >>
ミリバ
0
    オーチャードフォレストに新しい仲間が加わりました。
    ブラジル原産のミリバです。



    ミリバは、バンレイシ科ロニリア属の高木です。
    形は、アテモヤによく似ています。
    ブラジルでは、「伯爵夫人の果物」と呼ばれ、熱帯アメリカ産のバンレイシ科の中でももっとも美味とされています。
    実際の食味は、酸味が程よく効いているとのことです。


    写真ではわかりににくいですが、右側から枝が出て、ポンドアップルの台木と形成層を合わせます

    今回の苗は、ポンドアップルの台木に寄せ接ぎをしたものです。
    直根が伸びて、台風に強い木となります。

    植えてすぐ、低気圧の通過に伴い大きな葉が落ちましたが、
    最近では、新しい芽が出てきています。


    地から強い新芽です

    ビリバは、雌雄異熟型の果物です。
    1日ごとに雌花と雄花が入れ替わるそうです。
    雄花の花粉を取って、冷蔵庫で保管し、翌日、雌花に人工授粉させる必要があります。


    写真下の枝は、元々の枝、接合部が膨らんできたら、接木テープを外すときに切り取ります(あと1ケ月後くらい)

    樹形は、開心型とし、剪定は、アテモヤと似るようです。

    早ければ、3年後に、食べられるかなあ!!

    ララちゃんが少し写ってしまいました
     
    | 果樹 | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ishigakijima-lemon.com/trackback/1107155